1-4:ヒュミビーズのセッティング

2015-06-03

小さなタッパーにヒュミビーズを入れ、ビーズ全体に蒸留水を染み込ませる。そして蓋にいくつか穴を開ける。
これがヒュミタッパーです。ヒュミビーズはヒュミディティビーズとも呼ばれます。

 

アスベル ユニックス リファイン 105ML O-5
【第3類医薬品】精製水Pワンタッチ式キャップ 500mL

Cigar Mechanic Humidification Bag

普通の水ではなく蒸留水(精製水)を利用するのは、水道水やミネラルウォーターなどに含まれる余分な成分が葉巻に移るのを防ぐためです。
クーラーボックスの中へジップロックに入れた葉巻を置いたら、ヒュミタッパーをその上に複数置きます。
葉巻の上に置くのは、湿気は重いので上から下へ落ちていくからです。
ヒュミビーズが乾燥してきたら、蒸留水を注ぎ足します。

湿度の操作はヒュミタッパーの増減で可能なので、小さなヒュミタッパーを複数置いて、湿度を見ながら調整します。
ジップロックした葉巻は外部の湿度に左右されないように見えますが、ジップしても内部の湿度は段々抜けていきます。ヒュミタッパーは加湿器なのです。

ヒュミビーズはアマゾンドットコムで簡単に入手できますが、たまに国内のシガーショップに置いてある場合があります。


また、面倒な場合は「ヒュミディパック」という便利なものがあります。

20のBoveda 69パーセント相対湿度レベル、2ウェイ·湿度制御、大規模な60グラムサイズ、数量


自動的に調湿してくれる便利なグッズです。パッケージから取り出したらそのままクーラーボックスに入れるだけです。
長期間利用すると内部の水分が抜け切り、再利用はできません。