Bolivar Coronas Extra '08

2015-09-16

ボリバー・コロナス・エクストラは2012年にディスコンとなったビトラだ。
ドレスボックス、SLB25、50でも販売された。10本入りの珍しいドレスボックスも存在した。
サイズは44×143、フランシスカノス(コロナ)。

キャビネットを開くと、ほのかなウッド。
コロラドラッパー。表面は若干オイリーだ。染み出た油分でラッパーがややまだらになっている。
フットは丸い。シザーでフラットにカットするとヘッドから濃いタバコ香が漂った。

着火すると、深い森が現れる。
喫煙する。濃い甘み。濃いウッド。濃いレザー。口腔に圧がかかる。
単純な味ではなく、膨らみを持った立体的な旨みが味蕾をぎゅうぎゅうに絞ってくる。
チョーク。乾燥牛肉。クルミ。ドライベリー。頑丈な木の樽に詰め込まれている。ミディアムフル。

灰を落とし、強喫煙すると、蛋白質のような旨みとレザーの固まりとビターキャラメルがせり上がってくる。
口腔奥に残る余韻が強烈で、そのレザーの残り香にも似た感触がシングルモルトのようにいつまでも漂っている。

中盤、乾いた革の風味が立ち上がってくる。
甘みが逆に強調され、糖蜜のようなもったりした甘みが強くなる。花のアロマ。
さらに一段レザーが主張してくると思ったら終盤に差し掛かっていた。
ミントとホワイトペッパーが渾然一体となり、力強いレザーがそれを纏め上げている。
50分で喫了。

最後まで流通していたドレスボックスの品もすでに見当たらなくなってきているが、このビトラ抜きでBolivarは語れない。

LABEL : Bolivar