特集|【空気清浄機】ハウススモーカーにおすすめするものは?

2017-01-26

大都市以外ではシガーバーというのはなかなか見つからない。
もちろん、シガーバー以外でもシガーは吸える。最近は趣味喫煙の広がり故、シガーOKのカフェやラウンジが非常に増えた。
だが、一定数のユーザーがいても、もちろん人口密度には比例する。近くでシガーを楽しめる気に入った場所がないので、もっぱら自宅でスモーキングを楽しむ自宅スモーカーは非常に多い。(日本以外の喫煙事情が厳しい海外ではその数は段違いに増える)

シガーが楽しめる店舗でも当然考えられているが、自宅だとなおさら気を使うのが空気だ。
空気清浄機はシガースポットに必ず置いてある。

だが、国内で空気清浄機シェアトップクラスのものは、あまりスモーカー向きとはいえない。その理由はこうだ。

・吸気口が背面についているものが多い
・強い送風で空気を強制循環させ、流れてきた空気を取り込むタイプがほとんど
・排出される空気が冷たい

吸気口が背面についたタイプで強制循環されると、送風でシガーの煙は部屋中に拡散される。サーキュレーターの効果も取り入れたいスモーカーは良いが、喫煙中は空気を行き渡らせるより、煙を吸い込んでくれる事の方が優先順位は高い(加湿がいらないというわけではない)。
何かないだろうか?と何台も空気清浄機を乗り換えてきたが、スモーカーの視点で選ぶ、現状でこれが最適解ではないかという一台がある。東芝「uLos(ウルオス)」だ。


初見では空気清浄機と気付かないフォルム


一般的に四角い形がスタンダードの空気清浄機からは逸脱したユニークなフォルムは、ドーナツ型フィルターの内側にファンが置かれているためだ。コンパクトエンジンのようなこの設計で、同クラスの空気清浄機よりかなり小さくなっている。
機能説明などは他に詳しいところがあるのでそちらに譲り、シガーナビはスモーカーにとってのメリットをピックアップしてみよう。

・独特なフィルターの効果で、前面吸気・側面送風が可能に。空気を強制循環させない

強制循環させないので空気が溜まる「影」が出来ず、吸気口が前面にあるのでスモーキングの煙を快適に吸気してくれる。
uLosの前面吸気、側面送風はスモーキングの邪魔をしない。
一般の空気清浄機が、上部から吹き上げる空気でシガーの煙を部屋中に拡散する様を見て微妙な気持ちになるスモーカーは多いだろう。
そのような強制循環だと部屋の一部で空気が流れない場所が川の澱みのようにでき、そこに滞留することもある。uLos はそのような「空気の影」ができにくいのだ。

・丸ごと分解して洗えるため、長く使える


これでもかと分解できるので清掃も容易だ


10年は耐用年数があるはずの普通の空気清浄機が、スモーカーの手にかかるとその半分も持たないのは周知の事実だ。
空気清浄機をシガールームで2、3台運用しているが、だいたい寿命は2年というところだろう。フィルターを交換しても、機械内部がシガーの煙にギブアップしてしまうのだ。
だから空気清浄機は完全な消耗品と考えていたが、uLosは中身のほとんどを分解して清掃する事が出来る。
いつの間にか臭い空気を部屋中にばらまく機械になってしまいがちな空気清浄機、ここまでメンテナンス性を考えられた設計は今までになかった革新的なものだ。

・音も風も静かで寒くならない。それでいて加湿機能も備わっている

冬に空気清浄機がクーラーと化してしまっては、快適なスモーキングもできない。冷えるなか無理矢理シガーに火をつけても、楽しいはずのリラックスタイムも思うように楽しめない。
広い面から送風するuLosは冷たい空気が吹き出さず、あくまで自然な送風できれいな空気を送ってくれる。

現在、シガールームには空気清浄機を複数設置しているが、このuLosは非常に重宝している。見た目の奇抜さも実際に使ってみると、非常に理にかなった形をしていることがわかる。
一点、非常に残念だがこの空気清浄機は生産が終了している。在庫分がはけたらもう入手は不可能だ。複数台購入しておくのが良いかもしれない。
ちなみに写真で見るより実際は大きく、サイズもふたつあるので、購入する際は確認する事をおすすめする。

また、空気清浄機でもカバーできないしみついた「臭い」が気になる人はこちらの「エアリオン」がおすすめだ。
消臭ジェルを使う非常に強力な脱臭器だ。コンパクトだが、特別なジェルの効果で広い空間でも驚きの効果を発揮してくれる。


ジェルに臭いを吸着させる強力なタイプ



自宅スモーカー以外でも、店舗などでシガーエリアを設置しているお店の方々にもぜひチェックしていただきたい品だ。
 



Text by Tatsuya Igarashi:Twitter FaceBook